Event is FINISHED

トーク:メディア芸術の色彩と空間/Color and space of Media Arts

Description

「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」では、会期中に受賞者や審査委員のほか、特別ゲストを招いてのトークやシンポジウム、大人からこどもまで楽しめるワークショップ、作者自身による作品のギャラリートーク、解説を聞きながら作品を鑑賞できる鑑賞プログラムなど、多彩なイベントを実施します。ぜひご参加ください。

トーク:メディア芸術の色彩と空間/Color and space of Media Arts


色彩は数学の表し方の一様相です。数学は空間の表し方の一様相です。

日々の営みのスピードの中では、私たちの知覚は目の前に拡がる点景の判定の連続に集中し、

壮大な世界の成り立ちに思念が届かないこともあります。ゲームの楽しみとは、

この世界の全景と点景の複解像を同時処理するダイナミズムです。

今回、文化庁メディア芸術祭で選出された作品、インタラクティブスポーツコンテンツ

『WONDERWALL』、電子技術と伝統芸能の融合パフォーマンス『新作影絵芝居「Ama」』

をめぐって、色彩と空間を体験・体感する楽しさについて、言葉で探ってみたいと思います。

出演:

佐藤 直樹 [エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『WONDERWALL』]

中川 裕基 [エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『WONDERWALL』]

可児 亘 [エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『WONDERWALL』]

岩井 美佳 [エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『新作影絵芝居「Ama」』]


Speakers :

SATO Naoki [Entertainment Division, Jury Selection "WONDERWALL"]

NAKAGAWA Hiroki [Entertainment Division, Jury Selection "WONDERWALL"]

KANI Wataru [Entertainment Division, Jury Selection "WONDERWALL"]

IWAI Mika [Entertainment Division, Jury Selection "Ama"]


モデレーター:粟野 由美[東京造形大学メディアデザイン専攻領域教授] 

Moderator:AWANO Yumi [Professor at Media Design Major,Department of Design, Tokyo Zokei University]


※定員130名

※プログラムの構成および内容は変更になる場合がございます。


<第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展>

会期 2018613日(水)~624日(日)

メイン会場 国立新美術館[2階企画展示室2E]

開催時間 10:00~18:00 ※6月19日(火)は閉館

※金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで

ほかサテライト会場 ※開館時間は会場によって異なります。

入場料 無料

主催 第21回文化庁メディア芸術祭実行委員会

展示の詳細やイベント情報については下記公式サイトをご覧ください。

URL http://j-mediaarts.jp

Thu Jun 14, 2018
5:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京造形大学 [10号館CSプラザ]
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
東京都八王子市宇津貫1556 Japan
Organizer
文化庁メディア芸術祭
8,929 Followers